石巻へボランティア活動!

 12月31~1/1にかけて、東日本大震災で津波被害を受けた、宮城県石巻市の松厳寺(しょうがんじ)で、ボランティア活動を行なってきました。

参加団体:ボランティア山形、市民ボランティア、生活クラブやまがた

 

 

 

 

 

 

 

松厳寺の永井昭宏副住職らは、「被災者の気持ちに区切りをつけるために、除夜の鐘を打とう」という想いから、天童市の渡辺梵鐘から貸し出された釣り鐘で、それぞれの想いを除夜の鐘に込めた。

 

 

 

 

 

 

松厳寺は海から約1kmの距離にあり、津波被害を直接受けた。また、同寺には除夜の鐘を突く習慣がない。梵鐘もない。そこで、永井副住職がお寺や神社などを探し回り、ようやく渡辺梵鐘にたどり着く。

当日は、年越しそばや芋煮、玉こんにゃくなどを振る舞うボランティア活動も行い、それぞ

れ300~500食を現地の方々に食べていただきました。

 

 この想いが、1日も早い復興と被災されたみなさんの笑顔となるように願っています。


  • ビオサポ
  • 最新動画一覧
  • ハグくみ
  • おおぜいの自主監査

ページの先頭に戻る