『市民の力で東北復興』緊急出版!!

生活クラブやまがたの組合員力

行政と市民のコラボ

多くの市民の力が災害避難者を支援!!

 

 

3.11に発生した巨大地震の東日本大震災。被災地では情報が錯綜し、支援物資が行き届かず、原発事故に伴う避難住民が大挙して隣県に避難されてきました。震災と同時に支援に立ち上がった神戸の災害ボランティアが山形県米沢市に集結する。米沢では「生活クラブやまがた生協」と「ボランティア山形」が既に支援に動いていた。米沢市と山形市も被災地を支援し、避難者を受け入れた。そしてついに行政と市民が一緒になり、被災者をむかえ入れた。3.11米沢市で起きた東北復興への支援活動を紹介します。

 

<ボランティア山形の東日本大震災の支援活動>
・ 岩手、宮城、福島への生活支援物資の提供
・ 被災生産者の支援
・ 避難者の受け入れ(二次避難所と同等の機会提供)
・ 山形県復興支援会議への参加、政策提言
・ 避難者の集い、お茶のみ会「きっさ万世」の開催
・ 米沢市に避難している方々へ生活支援物資の提供
・ 避難者生活支援企画「10 円バザー」の開催
・チャリティコンサートなど各種イベントの開催
・その他様々な活動を展開している。

 

2011年1月15日に、ボランティア山形が東日本大震災で支援活動した内容を対談で記録した本、「市民の力で東北復興」ボランティア山形 編(ほんの木)定価(本体)1,400円 が発売されます。
お買い求めは、ほんの木、他書店にてお願いいたします。

「生活クラブやまがた」の組合員の方は「生活クラブやまがた」までお問合せください。

ほんの木 240ページ 1,470円(税込)

  • ビオサポ
  • 最新動画一覧
  • ハグくみ
  • おおぜいの自主監査

ページの先頭に戻る