丸きんまんじゅう学習会開催報告

 

  • 日 時 : 6月21日(金)10:00~12:00
  • 場 所 : 西部コミニテイーセンター(米沢市)
  • 生産者 : 生産者 丸きんまんじゅう 下田さん、福島さん

 

 6月21日(金)ロールケーキややぶれまんじゅうで人気の生産者、丸きんまんじゅうさんの学習会を行いました。

 下田さんからのお話しでは、生活クラブ消費材に使用している国産原料のことや、手作り感を残した製造へのこだわり、一般品と違い等を分かりやすく説明していただきました。

 一般的には、小豆を早く煮えるように「リン酸塩」を使用することがあるそうです。リン酸塩はカルシウムを体外に出して骨をもろくする働きがあります。業界では、あんこを炊くのはあんこ屋さんと分業されていますが、丸きんまんじゅうが自社であんこを炊いているのはそれが理由です。

大量生産するメーカーでは、生地に膨張材や乳化剤を使用する場合がありますが、丸きんまんじゅうでは使用していません。

卵の力だけで泡立て膨らませています。だからとっても大変で毎日工夫しているそうです。

下田さんのお話の後、福島さんに工場で製造している時と同じように「フルーツロールケーキ」の実演をして頂きました。

その後、各自3人一組でロールケーキを作り、誕生日が近い方の名前をチョコプレートに書いて、誕生日バージョンにしていきました。

※「リン酸塩」は豆を早く煮るための加工助剤なので表示の必要がありません。

 

 

 

 

 

 

●感想:(参加者より)

----買い物は成分を気にし買ってるつもりでしたが表示義務のない添加物の多さにショックでした。特に安全安心と思っていたあんこの加工工程でリン酸が入りカルシウムの吸収が妨げられることを知りビックリです。

----市販のあんこには、大量生産に不可欠なシリコンなどの添加物が普通(この世界では常識だとか?!)に使用されていること(しかもこの添加物は製品には表示されていない)に驚き!一方、丸きんさんはあんこも手間を惜しまず自社で1日かけて作っていること、果物もとことん国産のものにこだわっていること、ロールケーキのスポンジはベーキングパウダー等の膨張材を使わず、日々状態の違う卵の混ぜかたを調整して、その泡のみで生地を膨らましていることetc…頑固なまでのこだわりに脱帽でした説明してくれた下田さんの楽しいながらも自信溢れるトークは、プライドやお菓子たちへの愛情があふれていました!

----材料調達も国産で揃えるとなるとなかなか厳しいのに、手を尽くして努力して下さり、組合員として本当に嬉しい。こんな美味しい(スウィーツ)消費材に出会えて幸せです。

----一番びっくりしたのは、昨日あれだけ和洋菓子を沢山いただいたのに、全然胃もたれがしなかった事です。これだけで、全てを物語っていると思いませんか?それから、今まで市販のあんこを購入する場合「国産小豆」の表示であれば安心と思っていましたが、色々な添加物が入っている事を知り驚きました。また、自然食品のドックフードの話しもとても興味深かったです。丸きんさんをこれからも応援したいと思います。

 

終始笑顔でおなかも心も満足した学習会となりました。

  • ビオサポ
  • 最新動画一覧
  • ハグくみ
  • おおぜいの自主監査

ページの先頭に戻る