おきたま米 稲刈り体験報告

日時:2014年10月11日(土)10時~13時

場所:おきたま米生産者手塚さんの田んぼ 上新田

参加者:組合員 合計46名 (18家族内 子ども25、職員2、欠席3)

     福島からの参加者  合計38名(内子ども18)

 ---------------------------------------------

        総計 84名

参加費:無料

 台風前の秋晴れのいいお天気の下、稲刈り体験をしました。1時間半近くかけて田んぼすべての稲を刈ることができました。

 子どもによっては、猪のようにまっすぐ刈り取る子(人生もまっしぐら!?)、あちこち寄り道しながら進まない子(慎重派?)もいて、性格が出ているようでした。当初、鎌が2~3人に1本だったので、刈る人、運ぶ人、縛る人とローテーションを組んで作業しました。2歳児でもその中に入って役に立っていたようです。稲刈りに飽きた子は、イナゴ採りやカエルをつかまえたりして遊んでいました。

 福島の子どもたちはほとんどが小学校低学年の男児でしたが、子ども一人に大人一人以上が付き添って、怪我なくすませることができました。付き添いの大人は、福島や山形の大学生ボランティアでした。福島ではなかなか土を触ったり、農業体験ができないそうなので喜んでいました。

 汗をかいたあと、田んぼにブルーシートを広げて、炊きたての新米をいただきました。手塚さんのスタッフが芋煮とカレーを作ってくださいました。生活クラブからは、ご飯のお供を準備しました。「おかわり」の声が飛び交っていたようです。

 刈り取った稲は天日干しのあと、参加者で予約購入します。予約数:19袋+α

 福島の参加者にも、ライブリー価格+50円で販売します。

 「貴重な体験ができた」、「子どもたちのがんばりに驚いた」、「また来年も来ます」、「お米作りの苦労がちょっとわかった」などの感想がありました。

  • ビオサポ
  • 最新動画一覧
  • ハグくみ
  • おおぜいの自主監査

ページの先頭に戻る