映画上映&講演会のご案内

健康な土と食べものを未来に!

私達が身近に使っている農薬や殺虫剤の成分が、どのような影響を与えているか知っていますか?

自然は命の源です。よりよい環境と未来を創るために、まずは知ることから始めませんか?

 

日時

2月11日(土) 13:00~

 

場所

長井市生涯学習プラザ(舞と音楽のホール)

長井市九野本1235-1

☎0238(84)6900

 

参加費

500円(資料代)

 

★映画上映 13:00~14:00

『ミツバチからのメッセージ』

この世からミツバチがいなくなったら・・・?そのミツバチたちが大量にいなくなるという現象が、世界のあちこちで起こり始めているといいます。

「ネオニコチノイド系農薬」とは、タバコに含まれるニコチンに似た物質を主要成分とする農薬の総称。1990年代から有機リン系農薬に代わって新しく登場した農薬です。殺虫剤、害虫駆除剤、稲作、山林への空中散布など、日本でもさまざまな用途に使われています。

ミツバチの大量死をきっかけに、食のことや自然環境のことを私たち自身の問題として、もう一度考えてみませんか?

 

★講演 14:10~15:30

『ネオニコチノイド系農薬の危険性』

-ミツバチやトンボも消え、子供たちの脳にも影響-

[講師]

水野玲子さん(NPOダイオキシン環境ホルモン対策国民会議理事)

御園孝さん(養蜂家、造園家、諸活動共同代表、論文多数)

 

※質疑応答のち16:00閉会予定

  • ビオサポ
  • 最新動画一覧
  • ハグくみ
  • おおぜいの自主監査

ページの先頭に戻る